Amazonジェフ・ベゾスのビジネスから学ぶ孫子の兵法No,6

ビジネスに学ぶ孫子の兵法

 srcset=

世界一の大富豪のビジネス

Amazonの創業者兼CEOでもあるジェフ・ベゾスは個人資産1200億ドル前後といわれ、マイクロソフトのビルゲイツを抜いて世界一の大富豪になった。(2017年10月時点)今回はネット通販の世界王者ともいえるAmazonジェフ・ベゾスのビジネスから学ぶ孫子の兵法をお伝えします。

アマゾンをここまでの巨大企業に育てあげ、個人でも世界一の大富豪となったジェフ・ベゾス、フォーブス誌のMichael Cannivetの記事によると成功要因として大きく3つあげています。

1つ目は、「事業の鍵を握るのは、独自の価値をもたらすこと」

ウォルマートのように安い物を売っている小売業とアップルのように高級品を売っている企業は相反するものだ、しかし、Amazon(アマゾン)はその両方の価値を提供してきたのだ。

孫子の兵法・ビジネス名言の解説

「善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり」(孫子の兵法・形篇)
「算多きは勝ち、算少なきは勝たず。況んや算無きに於いてをや」(孫子の兵法・計篇)

当日や翌日配送のAmazonプライムサービスなど今までになかった安い物から最高級品までしかも安くてどこよりも早く届けるというどこにもないサービスで他社を圧倒しています。

2つ目は、「長期的な視点」

通常、小売業は3~15%の手数料を取るのが常識だがAmazon(アマゾン)は平均で1~2%しか手数料を取っていない。
最初は売上げも少ないうちは利益もなく赤字だが、継続していくうちに安くて便利なので口コミやネットやマスコミなどでの評判で宣伝しなくても利用者は増えていく、まさに長期的な視点だ。

孫子の兵法・ビジネス名言の解説

「勝兵は先ず勝ちて而る後に戦いを求め、敗兵は先ず戦いて而る後に勝を求む」(孫子の兵法・形篇)

そして、3つ目は、「優れた企業を作るのは優れた人材」

特にビジネスには最初に加わる5人はとても重要、一緒に働く人たちの能力を慎重にして見極めると言っている。

最初に来た5人はこれから来た人たちにもとても大きな影響を与えるので重要と述べている。

実際にジェフ・ベゾスは人材を採用するにあたり細心の注意を払って良き人材を確保してきた。

例えば面接するときには、我が社で働くことは簡単ではない、長期間、一生懸命にしかも賢く働き続ける事ご出来るか?

孫子の兵法・ビジネス名言の解説

「将とは、智・信・仁・勇・厳なり」(孫子の兵法・計篇)

知識やスキル、信用出来て思いやりもありリーダーシップを発揮する優秀な人材を採用した。

優れた人材に品質が良くてどこにも真似のできない無いサービスでAmazon(アマゾン)ジェフ・ベゾスは世界一の大富豪に上り詰めた。
おそらくこれから先も快進撃を続けるのだろう。

今回はAmazonジェフ・ベゾスのビジネスから学ぶ孫子の兵法でした。

関連記事一覧