フィギアスケート宮原知子のビジネスから学ぶ孫子の兵法No,5

ビジネスに学ぶ孫子の兵法

ミスパーフェクト宮原知子

ミスのなくいつも安定している演技からミスパーフェクトと呼ばれているフィギアスケートの宮原知子(みやはらさとこ)さん。
フィギアスケート全日本選手権4連覇(2014~2018年)、2015年上海で行われた世界選手権で見事銀メダルを獲得したフィギアスケートの宮原知子さんのビジネスに学ぶ孫子の兵法をお伝えします。

1998年3月26日生まれ2017年4月住宅メーカーである「木下グループ」と嘱託契約、2018年4月関西大学2回生として復学する

「孫子の兵法」を愛読

152センチと小さな身体ですが、5種類のアクセルを除く3回転ジャンプを跳ぶことができるそうです。
孫子の兵法を読むきっかけとなったのは田村岳斗コーチの勧めからで、海外遠征をする際にも「孫子の兵法」をバッグに入れて移動の時に読んでいるそうです。

孫子の兵法を読んだ感想は「自分の目標を達成するためには綿密に計画を立てる必要があるとか必要なことがいっぱい書かれていた」また、「自分の一番いい演技をして思いっきり滑れたらいいなと思っています」と感想を述べています。

孫子の兵法を読んでどの文が印象に残ったのか知りたいですね、これからも孫子の兵法を活用して益々世界で大活躍して欲しいと願っています。

今回はフィギアスケートの宮原知子さんのビジネスに学ぶ孫子の兵法でした。

関連記事一覧