• HOME
  • 孫子の兵法の十三篇の名言を解説「第十章・地形篇」

孫子の兵法・第十章「地形篇」名言解説

【孫子の兵法・地形篇の名言を解説 書き下し文】

孫子曰く、地形には、通ずる者あり、挂(さまた)ぐる者あり、支(わか)るる者あり、隘(せま)き者あり、険なる者あり、遠き者あり。 我れ以て往くべく彼れ以て来たるべきは曰(すなわ)ち通ずるなり。通ずる形には、先ず高陽に居り、糧道を利して戦えば、則ち利あり。

以て往くべきも以て返り難きは日ち挂(さまた)ぐるなり。挂ぐる形には、敵に備え無ければ出(い)でてこれに勝ち、敵若(も)し備え有れば出でて勝たず、以て返り難くして不利なり。我れ出絵でて不利、彼れも出でて不利なるは、日ち支(わか)るるなり。支るる形には、敵 我れを利すと雖も、我れ出ずる事無かれ。引きてこれを去り、敵をして半ば出でしめてこれを撃つは利なり。

隘(せま)き形には、我れ先ずこれに居れば、必ずこれを盈(み)たして以て敵を待つ。若し敵先ずこれに居り、盈つれば而(すなわ)ち従うこと勿れ、盈たざれば而ちこれに従え。険なる形には、我れ先ずこれに居れば、必ず高陽に居りて以て敵を待つ。若し敵先ずこれに居れば、引きてこれを去りて従うこと勿れ。遠き形には、勢い均(ひと)しければ以て戦いを挑み難く、戦えば而ち不利なり。
凡そ此の六者は地の道なり。将の至任(しにん)にして察せざるべからざるなり。

故に、兵には、走る者あり、弛(ゆる)む者あり、陥(おちい)る者あり、崩るる者あり、乱るる者あり、北(に)ぐる者あり。凡そ此の六者は天の災いに非図、将の過(あやま)ちなり。

夫(そ)れ勢い均しきとき、一を以て十を撃つは日(すなわ)ち走るなり。卒の強くして吏の弱きは日ち弛むなり。吏の強くして卒の弱きは日ち陥るなり。大吏怒りて服せず、敵に遇えば懟(うら)みて自ら戦い、 将は其の能を知らざるは、日ち崩るるなり。将の弱くして厳ならず、教道も明らかならずして、吏卒は常なく、兵を陳(つら)塗ること縦横(しょうおう)なるは、曰ち乱るるなり、将 敵を料(はか)ること能(あた)わず、少を以て衆に合い、弱を以て強を撃ち、兵に選鋒(せんぽう)なきは日ち北(に)ぐるなり。
凡そ此の六者は敗の道なり。将の至任にして察せざるべからざるなり。

夫れ地形は兵の助けなり。敵を料(はか)って勝ちを制し、険夷(けんい)遠近を計るは、上将の道な吏。此れを知りて戦いを用(おこ)なう者は必ず勝ち、此れを知らずして戦いを用なう者は必ず敗る。

孫子の兵法の名言卒を視ること嬰児(えいじ)の如し、故にこれと深谿(しんけい)に赴(おもむ)くべし。

故に戦道必ず勝たば、主は戦う無かれと曰うとも必ず戦いて可なり。戦道勝たずんば、主は必ず戦えと曰うとも戦う無くして可なり。故に進んで名を求めず、退いて罪を避けず、唯(た)だ民を是れ保ちて而して利の主に合うは、国の宝なり。卒を視ること嬰児(えいじ)の如し、故にこれと深谿(しんけい)に赴(おもむ)くべし。卒を視ること愛子の如し、故にこれと倶(とも)に死すべし。厚くして使うこと能わず、愛して令すること能わず、乱れて治むること能わざれば、譬(たと)えば驕子(きょうし)の若(ごと)く、用うべからざるなり。

吾が卒の以て撃つべきを知るも、而(しか)も敵の撃つべからざるを知らざるは、勝の半ばなり。敵の撃つべきを知るも、而も吾が卒の以て撃つべからざるを知らざるは、勝の半ばなり。敵の撃つべきを知り吾が卒の以て撃つべきを知るも、而も地形の以て戦うべからざるを知らざるは、勝の半ばなり。

故に兵を知る者は、動いて迷わず、挙げて窮せず。故に曰く、彼れを知りて己を知れば、勝 乃(すなわ)ち殆(あや)うからず。地を知りて天を知れば、勝 乃ち全(まっと)うすべし。

孫子の兵法、地形篇

H5見出しb

【孫子の兵法・地形篇の名言を解説 現代語訳】

孫子は言った、地形には開け通じている所があり、通るのに障害がある所があり、枝分かれした道があり、狭いところがあり、険しい所があり、遠いところがある。

こちらから往けて、向こうから来れるのは、通じ開いている所である。

通じ開けている地形では、敵よりも先に高い日当たりの良い所に行き、食糧補給を守って戦うと有利になる。

往くのは優しく、帰りが困難な所は障害のある地形である。

障害のある地形では、敵が備えをしていないときは勝つ事は出来るが、敵が備えをしているときは勝つ事は出来ない。戻って来ても難しく不利な状況である。
こちらが先に出てても不利になり、敵が先に出ても不利な場所は、分かれ道である。

分かれ道の地形では、敵がこちらに有利な状況に見せかけても、こちらから先に行ってはならない。

味方を引いてその場を立ち去り、敵の半数が出て来てから攻撃するのが有利になる。

狭い地形の場合、我々が先に占領して、必ず敵が来るのを待つのである。

もし、敵が先に占領していれば、結集している時に行ってはならない。結集していなければ行ってよい。

険しい地形では、我々が先に占領していれば、高いの日当たりの良い場所に陣を敷き、敵を待つのである。

もし、敵が先に占領していれば味方を引いて待ってはならない。

両軍の陣から遠い地形では、互角の力であればこちらから戦さをしかけるのは難しく、戦えば不利な状況になる。

およそ、これら六通りの方法は地形における道理である。将軍の重要な任務として考えるべきである。

それゆえ兵士は退却することがあり、緩むことがあり、落ち込むことがあり、崩れることがあり、取り乱すことがあり、敗北することがある。およそこの六通りの事は、天地の災いではなく、将軍が犯した過ちによるものである。

その兵の勢いが互角の場合、兵が十倍多い敵に攻撃を仕掛けるのは敗走することになる。

兵士が強気で官吏がが弱気なのは軍勢が弛む。官吏が強気で兵士が弱気なのは軍勢が落ち込む。軍の長官が怒って心服せず、敵と遭遇した時に怨みの思いで戦い、将軍も能力がわからないのは崩壊するであろう。

将軍が弱気で威厳もなく教導も明らかではなく、官吏、兵士に秩序もなく、陣立ても適当なのは取り乱すことになる。将軍が敵の攻略を検討できず、小勢で大勢の敵と対峙し、弱いものが強敵を攻撃し、軍の先鋒に精鋭がいないのは敗北という。

およそこの六通りの方法は敗者の道理である。将軍の重要な任務として考察しなければならない。

そもそも、地形というのは戦さの補助的な要素である。
敵の攻撃を考え勝算を立てて、戦地が険しいか、平坦なのか、遠近を考慮するのが優秀な将軍の任務である。

このような条件を踏まえて戦さをする者は必ず勝利するが、このような条件を踏まえないで戦さをする者は必ず敗れる。

それゆえに、戦いの道理として十分に勝算があるのなら君主が戦うなといったとしても、戦ってもよい。

戦いの道理として勝算の見込みがない場合、たとえ君主が戦えといっても戦さをしてはならない。

それゆえに、勝利を収めても功しを誇らしげにする事なく、撤退しても罪を恐れることなく、ただ人民の平和を守り、君主に利益をもたらすものは国の宝である。

兵士たちのことを赤ちゃんのように扱う、だから、一緒に深い谷底にでも行くことができる。

兵士たちを我が子のように扱う、だから一緒に生死をともにすることができるのである。

手厚く扱ったとしても仕事ができず、愛しても命令する事ができず、規律を乱しても治めることができないのは、例えば驕った子供のようなもので役に立たない。

味方の兵士が敵を攻撃できる事を知ってても、敵を攻撃してはいけない状況があることを知らなければ勝利することはできない。

敵を攻撃できる事を知ってても、味方の兵士が敵を攻撃できないことを知り、地形によって戦ってはいけないことを知らなければ、勝利することはできない。

それゆえに、戦さを熟知した者は、兵を動かしても迷うことなく、戦さをしても窮することがない。

それゆえに、敵を知り、我が軍を知れば勝利の危険がない。地形や時期や事象を知れば、勝利に揺るぎがない。

以上、孫子の兵法十三篇の名言の解説「第十章・地形篇」→「第十一章・九地篇」はこちらをクリック